神社だよりタイトル

生島神社 七五三

神社だより写真

七五三は、お子さまにとりましては重要な人生儀礼で有ります。11月になると親御さんに手を引かれお参りされる方で境内には子ども達の元気な声が響いております。 土日は着付け(ヘアーメイク)も無料にてさせていただいております。 写真スタジオお衣装も完備、着付けヘアーメイクも無料でさせていただいております。駐車場もございますので皆様揃ってお参りください。



 七五三について

七五三を古くは、男女児三歳の「髪置(かみおき)」、男児五歳の「袴着(はかまぎ)」、女児七歳の「帯解き(おびとき)」のお祝いといって、十一月十五日に氏神さまにこどもたちが無事にそれぞれの儀礼の年齢に成長したことを感謝する御礼参りを行い、こどもたちへの日頃のご加護に御礼を申し上げると共に、今後の更なる健康と成長を祈願するものです。 本来日本は数え年ですので数え年でお祝いするのが伝統的ですが、最近では満年齢で行うこともあります。参拝日は、十一月十五日の七五三の日にとらわれず、その前後の近い日に七五三詣をする家庭も多くなってきました。
三歳・五歳・七歳という年齢は、身体や精神に変化があらわれ病気にかかり易い時期でもありますので、七五三はこどもにとっての厄祓いでもあります。 七歳までにこれ程多くの成長過程の儀礼が集中するのは、古来「七歳までは神の子」「七歳までは神の内」といって、まだ神の世界と人の世界の両方にまたがっていると考えられていたからです。また当時は物資も乏しく医療も発達していなかった為、七歳までに亡くなるこどもが非常に多かったという現実もありました。
江戸時代の戸籍である人別帳にも七五三を終えて晴れて名前が載ったように、社会の構成員となるのに必須の通過儀礼でもあったわけです。

〜髪置(かみおき)の由来〜
平安時代頃には赤ちゃんは男女とも、頭を青く剃っていて、三歳になって初めて髪を伸ばすという風習がありました。「白髪」と呼ばれる綿帽子をかぶせ、その子が白髪になるまで息災であるようにとの祈りを込め、この日を境 に髪を伸ばしました。

〜袴着(はかまぎ)の由来
平安時代には男女児共に「着袴の祝」として初めて袴を着けて碁盤の上に立たせる貴族の儀式でしたが、江戸時代になると五歳の男児が初めて袴を着用するお祝いの儀式として定着しました。

〜紐解き(ひもとき)(帯解)の由来
小さい女の子は付紐の着物を着ていましたが、七歳からは付紐を取り去り大人と同じ帯を締めることを祝います。

〜千歳飴(ちとせあめ)
健康で長寿であるようにとの願いを込めて、水飴を煮詰めた引き飴を細長い棒状にし、縁起が良いとされる紅白に染め分け、松竹梅や鶴亀・翁媼などが描かれた手提げ袋に入れられています。