御由緒タイトル

手水の作法

手水舎の柄杓

参拝する前に、手水舎で身を清めます。
神さまは汚れのない清らかな状態を好みます。ご神前に進む前に手と口をゆすぐことにより心身ともに洗い清め、神さまに失礼の無い清々しい状態でおまいりをします。

御祭神の写真

1.まず、右手で柄杓に清水を汲み、左手を清めます。

御祭神の写真

2.次に柄杓を左手に持ちかえ、同様に右手を清めます。

御祭神の写真

3.再び柄杓を右手で持ち、左の手の掌に水を受け、口をすすぎます。
(柄杓に直接口をつけません。)

御祭神の写真

4.もう一度左手をゆすぎます。

御祭神の写真

5.最後に柄杓を立て、残った水で柄杓の柄を清めてから、元の位置に伏せて置きます。